デート

【男性向け】初デートを失敗しないために覚えておきたいこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
初デートで失敗しない

素敵なパートナーと出会うことが出来て、初めてのお出かけ。

しかも二人っきりで。

緊張もしそうだし、楽しんでもらうことができるかなとか色々と心配になることも有りますよね。

そんな楽しみなイベントを成功に導くために覚えておきたいことをご紹介します。
初デートで成功する方法
初めてのデートで気をつけたいこと

初デートの時間は短めに

「せっかくデートまで出来るようになったのに」、「もっと一緒に過ごしたいのに」という気持ちは分かります。

ですが、忘れて欲しくないのは、お互いにまだ完全にリラックス出来ない間柄にある、ということです。

人それぞれですが、二人っきりでの初デートは意外にお互いがまだギクシャクしているものです。

「何を話そうかな」「話が途切れないようにしたい」「楽しんでいるかな、退屈ではないかな」など、

お互いに気遣いが過剰になっているような感じだとイメージしてください。

楽しいけど、疲れちゃいますよね。

だからこそ、初デートの時間は少し短めの方が良いと思います。長くても半日(6時間)程度が良いでしょう。

初デートでの待ち合わせ時間はお昼

相手に合わせるのがベストですが、もし待ち合わせをする時間が選べるならばお昼頃が良いでしょう。

特に女性は夕方などからのデートでは、自然と終電の時間も気になり、最悪あなたへ変な疑いも持たれてしまうかもしれません。

お別れの時間はあまり遅くならないような時間設定がベターです。

待ち合わせ場所は分かりやすく

待ち合わせ場所は有名で分かりやすい場所にしましょう。

わざわざ地図アプリを見ながら探さなければならないような場所は基本NGです。

また、大きなターミナル駅などは行き慣れていないと分かりにくい場所ですので、その辺りも考慮してあげると良いでしょう。

「迷ったら電話して」という形であなた自身が彼女の迷っている場所まで行ってあげてください。

食事をするお店は予約を

わざわざ予約までしなくてもと思うかもしれませんが、初デートでの雰囲気作りは結構重要です。

事前にリサーチして、可能であれば予約をしてしまいましょう。

意外に、わざわざリサーチして予約までしてくれたことに対して、感謝されることもあります。

また、初めてデートですので、ゆっくり会話もしたいし、緊張もあまりしたくないものなので、お店は背伸びしすぎず、カジュアルな感じもある落ち着いたお店を探すのがよいでしょう。

もちろん、事前にお相手に希望や好きなジャンルを聞くのも良いことですが、その際お店自体は出来ればあなた自身で探したいですね。

嫌いなジャンルや苦手なものなどをリサーチすることも忘れずに。

初デートの場所決めは事前にリサーチを

初デートで訪れる場所を決める際は、お相手にリサーチをしてみましょう。

または、今までの会話の中で出てきた話題の中で、行きたいスポットややりたいことが明確であれば、

「以前〇〇に行ってみたいって話してたけど、そこに行ってみない?」という感じで聞いてみましょう。

以前の会話の中の情報を覚えていたということだけでも好感を得られます。

また、デート前に場所は決めておいた方が良いです。

特に女性はスポットによって、服装や靴を変えたいと思いますので、初デートの場所は事前に共有しておきましょう。

身だしなみを整えて

清潔感が大切です。あなたが「かっこいい」「おしゃれ」と考える格好も良いとは思いますが、

清潔感を意識した身だしなみや服装を考えることも大切です。

特に、SNSなどで出会い、初めてお会いする方の場合は、第一印象となりますので、服装や身だしなみにも気を使いたいものです。

気遣いをしよう

初デートだけというわけではないのですが、お互いにまだ「疲れた」とか「少し休みたい」とかが言い辛い関係にある場合が初デートです。

女性はヒールやブーツを履いてたりと、足が痛くなっている場合もあります。

適度に「ちょっと休もうか?」とか「カフェで少し休まない?」とか声をかけることをお勧めします。
その際、彼女のためにという言い方をするのではなく、「結構歩いたし、ちょっと休まない?」とか相手のせいにしないような言い回しをしましょう。

歩くスピードにも気をつけて。

次のデートに備えよう

楽しい時間はあっという間です。出来れば次のデートに誘いやすいように布石を打っておきましょう。

「次はこんなとこに行きたいね」とか、「〇〇のご飯がすごく美味しいから今度行ってみない?」とか。

最後に、

相手への気遣いも大変重要ですが、あなた自身も楽しむことを忘れないでください。

あなた自身が楽しめなければ、いつか二人で会うことに無理がきてしまいます。

二人が楽しく過ごせるように、お互いに二人で会う時間を楽しめるようにすることが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*