デート

超簡単にあなたの優しさをアピールできるかも。デートで意識したいエスコートとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
手をつなぐカップル

自然でさりげない優しさって素敵ですよね。

さりげない優しさって、気付かれにくいかもしれませんが、気づいてもらえた時に与える印象は意外に大きいです。

男性はぜひ身につけておきたいことですし、

女性も男性のさりげない優しさに気づければ、彼への見方も変わるかもしれなのでご紹介します。

エスコートをされ喜ぶ女性

さりげないことことだけど、ぜひ身につけたいエスコートとは

車道側を歩く

並んで歩く際、車が多く通っている際は車道側を歩くようにしましょう。

彼女を車の脅威から少しでも遠ざけてあげよう。

ゆっくり歩く

歩くスピードは人それぞれです。

特に女性の場合は男性と比べ歩幅も狭いし、スカートやヒールなどの場合、より歩くスピードが遅くなることもあります。

彼女に合わせてゆっくりと歩いてみましょう。

食事はゆっくりと

食事をする場合、彼女の食べるペースに少しだけ合わせてあげましょう。

あなたが先に食事を終えてしまうと、彼女も「急がなきゃ」と思ってしまうかもしれません。

できる限り同じくらいのタイミングで食べ終わるようにしよう。

適度にトイレに行く

初デートや関係が浅い時には特に、あなたからトイレに行くようにしましょう。

中には、トイレに行くことをためらったりする人もいますので、彼女が自然に何も気にせずトイレに行けるように、あなたからトイレ休憩を取ることが良いと思います。

送っていく

楽しいデートもお別れの時間になってきたら、彼女を送ってあげましょう。

この際注意したいのは、家まで送ることが絶対ではないということです。

中には、まだ家まで来てほしくないと思っていることもありますので、どこまで送るのかは注意が必要です。

無理に家までではなく、例えば彼女の家の最寄駅、ターミナル駅などでもOKです。

あ互いの関係性や彼女の気持ちを尊重した上で、場所は考えましょう。

いかがですか。

今回のポイントは「さりげない」ということです。

例えば、次のようなことはやりすぎと感じられることもあります。

  • カジュアルなレストランで椅子を引く
  • 大した段差でもないのに手を差し伸べる
  • 彼女だけしか見ておらず周りが見えていない

デートの際の参考になれば嬉しく思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*