恋愛・恋活

ギャップを演出して異性をドキッとさせる方法とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
普段とは違う笑顔の女性

いつもと違う態度をされた時、いつもと違う服装を見た時、普段は見せない真剣な表情を見た時などに、今まで何も感じていなかった異性にドッキっとしたことってありますよね。

いつもと違うあなたを演出してみることで、気になる異性にあなたのことを意識させることが出来るかもしれません。

今回はギャップを演出するための方法や注意点を紹介します。

ギャップを演出するという言葉自体、なんとなくただモテたいだけの軽そうな行為に感じるかもしれませんが、今回は、恋活や婚活に活かして頂けるよう、あなた自身の良さを気になる異性に伝える方法という意味合いで記載しています。

ギャップを演出する前に、あなた自身を知ろう

まず、具体的な方法を探す前に知っておいて欲しいことが、あなた自身のことです。

あなた自身が周りからどういう印象で見られているかを考えてみましょう。

あなた自身がどういう印象を持たれているかを知ることができれば、その印象を利用してあなた自身の良さをよりアピールすることが出来るかもしれません。

あなた自身の印象が分かれば、実際にどうしたらよりあなた自身の良さを異性に伝えられるかを考えてみましょう。

まず、恋愛においてのギャップとは

私個人の考えになりますが、

そもそも恋愛においてのギャップとは、下記のようなことだと考えがちではないでしょうか?

  • 『普段と違う自分を相手に見せる』こと

間違いではないですが、もう少し認識を深めましょう。

恋愛においてのギャップを演出する時には、『身近ではなかったものが身近に感じられる』ことが重要です。
あまり意味を感じないギャップ
  • いつも優しいのに、時に怖さを演出する
  • いつも話しやすいのに、時にそっけなくする
  • いつも笑顔なのに、時にむすっとした態度で過ごす
意味を感じるギャップ
  • 怖そうな人だと思っていたのに、優しい一面を知った
  • 話しかけづらそうな人だと感じていたが、本当は話好きだった
  • いつも仏頂面なのに、挨拶すると笑顔で返してくれる

極端すぎる例になりますが、こういうことです。

『普段と違う自分を相手に見せる』だけではなく、それが身近に感じてもらえる(受け入れてもらえる)行為である必要がありますので注意してください。

ギャップを感じる瞬間

それでは、実際にどうしたら良いのかの方法ですが、正直一概には紹介できないです。

まず、あなた自身の良さはあなたが一番よく分かっていると思いますし、よくあるギャップ例などをそのままやったとしても、それは本当のあなたの良さや性格ではないはずです。

よくあるギャップを感じさせる例のようなものを参考にして頂き、あなた自身の良さを少しでも伝えられるようにするのがベストでしょう。
よくあるギャップを感じる瞬間
  • よく怒られ怖い人だと思っていた先輩が、本当は優しい人だと気付いた時
  • ダラダラした印象しかなかった同級生が、真剣に部活に打ち込んでいる姿を目にした時
  • 何事も完璧な人だと思っていたけど、実はかなりおっちょこちょいな人だと分かった時

最後に

上述していますが、ギャップを演出することは、決して悪いことだとは思いません。

しかし、自然体のあなた自身で行って欲しいです。

無理に違う自分を演出する必要はありませんし、それで好きな異性に行為を持たれても、それは演出されたあなたです。

好きな人に気づいて欲しい、少しだけでも自分の方に振り向いて欲しいと思い試行錯誤しているなら、一度試してみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*