告白

女性は答えが決まっている!男性は告白されたら好きになる!告白の心構え

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
勇気を出して告白

人を好きになるなら、いつの日か想いを伝えたいと思うものです。

好きになって告白するまでの期間は早い方が良いのでしょうか?それともじっくりと相手のことを見極めるため時間をかけた方が良いのでしょうか?

なかなか告白する決断がつかず悩んでいる男性も多いと思いますが、時間をかければいいというものでもありません。

重要なのはポイントとタイミングを外さずに告白を行うこと

告白を行う前に確認しておきたいこと(告白するかどうかの判断基準)

女性は答えが決まっている

もう少し詳しく伝えると、女性が男性からの告白をOKする判断材料が決まっているということです。

つまり、告白をOKする判断材料を満たす男性ならば可能性がかなり高まると言えるでしょう。男性は、出会ってからの期間やデートの回数などを気にしがちですが、期間を気にするよりも、気になる女性からどう見られているかを意識しましょう。

女性が男性からの告白をOKする判断材料
  1. 男性(異性)として意識できるか?
  2. 男性(異性)として魅力を感じているのか?

男性が女性に告白する場合、上記の2点を満たしているのかを考えておきましょう。ただ仲が良いだけでは、告白してもOKをもらえない可能性も高いです。

男性は好意を示されてから好きになる場合も多い

女性から男性に告白する場合は、意外とOKをもらえる可能性が高いと思います。逆のようなことを考える必要もあまりないでしょう。

男性意識からすると、男性は自分を受け容れられることに喜びを感じる生き物です。普段恋愛相性として考えていない女性からの好意を感じただけでも好きになってしまうような生き物です。

さらに可能性をアップさせたいならば、次のようなことを考えてみてはいかがでしょうか。

その男性が彼女のいない期間が長いか?

彼女がいない期間が長く、彼女を欲しがっているようなことがあれば可能性が高まります。

もし、好きな女性がいる場合、その女性との関係が進展しているのか?

あまり恋愛がうまくいっていない場合、可能性が高まります。

告白をされたことがあるか?

告白をされたことの無い男性ほど、女性からの告白に喜びを感じます。

それでもまだ不安ならば、日常から脈アリかどうかを判断

告白に対してまだ不安があったり、男性の場合は女性に異性として見られているのかを探るために、日常の中でその可能性を考えてみましょう。

脈アリかどうかをしっかり見極める方法
  • 仕事など関係無く、プライベートなことで連絡がある
  • 顔を合わせるといつも挨拶や一言かけてくれる
  • 頻繁に目が合う。よく相手の視線を感じる
  • 力になってくれようとする。手伝ってくれようとする
  • 飲み会ではいつも近い席にいる
  • 2人になろうとする
  • 会話の時に、質問ばかりされる
  • 他の人と接するときと少し違う
  • 相談事をされる
  • 異性として頼られる

2 hearts as 1

告白するまでの期間と心構え

それでは実際に告白するまでにどのようなことを気にしておいた方がよいのかをご紹介します。

上述していますが、期間などは気にしないようにしましょう。

好きになって告白するまでの期間は人それぞれで良い

私はその期間は人それぞれで良いと思います。

期間の長短においてはそれぞれで良いと思いますが、ポイントとして意識して欲しいことはあります。

それは、自然な流れにも身を任せてみることも大切だということです。

自然な流れにも身を任せてみることも大切

好きになって告白するまでの期間は「出会ってから1ヶ月以内が理想」「3ヶ月程度が良い」など多くのアドバイスがネット上で見られますが、私は期間を決める必要性はないと思っています。

なぜなら、あなたと好きになった相手の関係性は、一概に一括りに出来ないため、仲良くなる速度や接する回数なども違うからです。

期間を決めて行動するより、自然体で日々を送りながら好きな相手へアプローチを続けてみてください。

まず、焦りが無くなります。

そして、付き合うことが出来た後と同じように自然体であるからこそ、本当の意味で仲良く親密になることが出来るものと思います。

自然とタイミングはやってくる

あなた自身が焦らず、自然に好意が持たれる振る舞いやアプローチが出来ていれば、急接近するタイミングは自然とやってきます。

例えば、「デートへ誘う」「食事に誘う」「告白する」など、二人の距離を縮めるイベントも、自然にタイミングが訪れるでしょう。

それは、あなたが自然体でアプローチが出来ていて、自然に相手と仲良くなっているという証拠でもあります。

目処は決めておく

好きになって告白するまでの期間は決めない方が良いと記載していますが、目処は意識しておきましょう。

この目処というのは、期間的な意味ではなく、二人の間のイベント事として意識してください。

好きになって告白するまでの過程として、「食事に行く」「二人でデートへ行く」「告白する」など、告白するまでに行っておきたいイベントを意識しておくということです。

なぜ目処が必要なの?

好きになって告白するまでのイベント事を意識して欲しい理由は、仲良くなるだけで満足しないようにするためです。

毎日話が出来るようになったり、相談事をされるようになったなど、確実に好きな人との距離を縮めるだけで進展が終わらないようにするためです。最初はしっかりアプローチをしていたのに、ある程度仲良くなったら関係性を壊したくないと思い受け身になってしまうことがあります。

受け身にならない。仲良くなりながら、メリハリを

好きな人と仲の良い友人関係で満足出来るなら、ここで受け身になっても問題ありません。

しかし、告白して付き合いたいと思うならば、受け身のままではいけません。メリハリを持ちましょう。

メリハリというのは、仲の良い状態の中で、しっかり異性としてアプローチを続けていくということです。

あなたが異性として相手に好意を持っていて、もっと親密になりたいということを相手に伝えなくてはいけません。

勇気を出して告白をする

さあ、ここまでは準備です。いよいよ告白するタイミングを探って実際に告白を行いましょう。

さあ、告白しましょう

告白のタイミングも自然なタイミングに任せてみて良いでしょう。

仲の良い状態ながら、お互いに異性として意識し合っているなら、必ず告白のタイミングはやってきます。

(受け身で終わらず、異性としてのアプローチを続けていたら、相手にも好意は少なからず伝わり始めています。)

勇気を出して

それまで異性としてアプローチを続けられたあなたなら、必ず告白出来ます。

仲良しのままなら、もう恋活を終わらせていたはずです。

それでも相手が好きで、アプローチを続けていたのですから、勇気を出してしっかりと想いを伝えましょう。

告白の方法は?

いざ告白するにしても、告白する方法は様々です。主に次のような4つが告白する方法です。

  1. メールやラインで告白
  2. 電話で告白
  3. 手紙で告白
  4. 直接対面してで告白

やっぱり直接対面して告白が最も良い方法

メールやラインで告白/電話で告白/手紙で告白

一番楽ちんな方法かもしれません。自分のタイミングで送信できますし、自分自身だけのことを考えればいいわけですが、実際にはあまりおすすめできません。電話や対面と違い、相手が見えないため、どのような感じで受け止めているのかを把握できませんし、自然な流れがありません。急に愛の告白がメールやラインで届いたらどう思うでしょうか?

電話での告白は、相手の声や雰囲気を掴むことが出来るかもしれませんし、日常的な会話から徐々に告白に持って行くことも可能です。しかし、対面に比べると、相手の状況が分かりづらいですし、告白のための雰囲気を作ったり、相手に告白の雰囲気を感じてもらうことも難しいですね。

手紙の場合もメールやラインと同様ですね。しかし手紙の場合、気持ちはメールやラインよりはまだ相手に伝わり易いと思います。手紙を渡す方法にもよりますが、友人に託すのではなく、自分で手紙を渡しましょう。その際、なぜ手紙にしたかを伝えることで好感度もアップできるかもしれません。手紙を渡している時点で、相手も告白であることは分かっているはずですので、例えば、手紙を渡す際に、「落ち着いて気持ちを伝えられないから」と一言つけて渡すだけでも効果的です。

直接対面してで告白

やはり、告白するなら直接会って告白した方が良いと思います。雰囲気作りや告白する態度を見てもらうことも大切な要素です。告白の

仕方やその時に話し方によっても、相手があなたにより好意を持ってくれるかもしれませんし、告白の仕方やタイミングで成否も変わる可能性があります。特に男性が告白する場合、男らしく直接告白して欲しいと女性は思うものです。プロポーズだってそうですよね。女性にとって告白もプロポーズも大切なイベントに違いありません。男性の誠意や気持ちをしっかりと受け止めたいと女性は思っています。

告白はシンプルに分かりやすく

いざ告白ですが、シンプルに分かりやすく気持ちを伝えましょう。好きになった理由などをわざわざ伝える必要もあまりありません。しっかりと「好き」という気持ちを伝えてください。回りくどい言い方をしたり、告白が失敗したときのための保険を作るような言い方もやめておきましょう。

デートを重ねているのに告白してこない男性の心理

最後に告白をしてこない男性の心理を紹介しておきます。ここまで告白に関して記載してきました。しかし、中には好きなんだけど告白する勇気が出せない男性もいらっしゃいます。このような男性はただただ不安なだけです。男らしくないと思うかもしれませんが、女性からも少し男性が告白し易いように背中を押すような行動を取ってみても良いのではないかと思い紹介します。

デートを重ねかなり良い感じなのに告白しない男性の心理

  • あえて告白すること自体を疑問に感じている。
  • 告白すること無く付き合っていると認識してほしい
  • 今の関係を壊したくない
  • 失敗したくない
  • 責任の重さを感じている

男性が女性に告白できない心理はこの辺りでしょう。すべて男性にとって都合の良いような心理ですが分かってあげましょう。

女性の方から、男性が告白し易いような判断材料やOKの確証を与えてあげても良いのではないかと思います。


いかがですか。

好きになって告白をしたいと思っている方にとって、お役に立てれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*