恋愛・恋活

恋愛において好きな人と両思いになるための方法2選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
両思いになりたい

好きな人や気になる人が出来ると、両思いになりたいと思うのは当然のことですよね。

絶対的に両思いになれる方法なんてあるのでしょうか?

結論からお伝えすると、絶対的な方法は残念ながら分かりません。

しかし、パワースポット巡りや開運などに頼るのではなく、両思いになりやすい方法を紹介することは出来ます。

両思いになる方法として絶対的なものではありませんが、以下に紹介する方法を実践してもらえれば今よりは可能性が高まる方法ですのでご覧ください。

両思いになるためには行動を起こすことが必要

まず、男性にしても女性にしても、両思いになるためにはどちらかの行動が必ず必要になります。少なくとも、相手の気持ちを確認するための行為(つまり告白)は必要な行動になりますよね。

「行動無くして両思いになることはない」ということです。

次の二点を目的として行動を起こすことが私の考える「好きな人と両思いになる方法」になります。

好きな人と両思いになる方法とは

  1. 相手に好意を持ってもらうための環境を整える
  2. アプローチをし、相手に気持ちを伝える行動をする

それでは、具体的にどういうことをしたら良いのかをご紹介します。

どちらかというと男性向けの内容になってしまっていますが、女性から男性へのアプローチ方法の裏技的なものを最後にご紹介しています。

男性は女性を好きになる際、どちらかというと外見的な部分がきっかけとなることが多いと思います。女性は男性に比べ現実的なので、内面を知った上でときめいたり、日常的な中で自然にゆっくりと好きになっていったりすることが多いので、人を好きになること自体に時間がかかってしまう場合もあります。しかし男性は内面的なものを知ってからより、外見的な魅力や、自分に対する評価、自尊心をくすぐられたりするだけで女性を好きになったり気になったりし始めてしまいます。

相手に好意を持ってもらうための環境を整えるためには?

まず起こすべき行動としては、気になる異性と仲良くなり、アプローチが出来る関係性を構築することです。次の段階で友人関係から異性として意識し合う関係を目指す方法をご紹介しますのでまずは仲良くなることに努めましょう。

そしてこの段階で大切なことは、友人関係と恋愛関係の間の位置にあなたの存在を意識させるということです。それによって、次の段階で行ってもらうアプローチが恋愛対象として受けてもらえる可能性が高まります。それでは具体的な方法を紹介します。

笑顔で挨拶。そして挨拶に一言加える

同じ職場など日常的に同じ場所にいるような相手であれば、毎日笑顔で挨拶をするようにしましょう。そして、挨拶と合わせて一言加えてみましょう。本当に簡単な一言で構いません。例えば「おはよう!今日はちょっと寒いね」という感じです。挨拶と合わせて会話のきっかけを作っていきましょう。この方法は特にあまり接点のない人に対して有効です。話したこともない人に急に話はできませんよね。でも挨拶はできます。挨拶自体は接点がなくても同じ職場であれば全然違和感なんてありません。もし気になる人と接点がほぼない状態ならば、まずはここから始めてみましょう。

毎日話をする(連絡を取り合う)仲になる

あなたの存在を好きな人の生活の一部になれるくらいの仲になりたいものです。

最初は少しだけの会話になるかもしれませんが、少しの会話でも毎日一度は会話するようにしてみてください。

職場や学校が違うなどで毎日会えない場合は、メールやラインなどで最初は数日に一度などのペースで連絡を入れてみてください。

内容自体にはそんなに意味は無くて良いです。その日起こったことや、時事ネタとかでも構わないです。まずは、話をする(連絡を取り合う)ことが仲良くなる最初のステップになります。すでに仲の良い状態なら必要ありませんが、まだ仲良くない状態の場合は、こちらも実践してみてください。

補足:思うようにいかなかった場合はどうすればよいのか?

直接話しかけている場合はあまり無いと思いますが、メールやラインなどの返信が無い場合は、好きな人を忘れてしまった方が良い場合もあります。

仲良くなる前段階で上手くいかない場合、その後はなかなか良い方向に進展することはかなり難しいと思います。

簡単に忘れられないと思うかもしれませんが、別の異性にも目を向け始める程度で構いません。もう少し広い視野で別の恋愛を探し始めてみることをオススメします。

補足:あなた自身の身なりや表情も気をつけながら行動しましょう。

男性の好感を持たれやすい仕草や振る舞い
  • 笑顔を絶やさない
  • 聞き上手
  • 清潔感がある
  • ノリがはしゃぎすぎず、悪過ぎず
  • 場に馴染めていない人にも声をかけたりフォローが出来る
女性の好感を持たれやすい仕草や振る舞い
  • 笑顔を絶やさない人
  • 聞き上手
  • 行動が丁寧な人
  • 誰とでも気兼ねなく話せる人
  • 細かな気配りが出来る人
  • 好きな人のことを知る

気軽に話ができ、連絡が取り合える仲になったなら、好きな人のことをもっと知りましょう。

二人の仲で共通点をたくさん共有できたり、相談事や悩みを共有できる仲であれば、かなり両思いに近づいていると思います。ここまでの状況ならあなたの存在は好きな人の生活の一部になっているくらいの仲ではないでしょうか。

アプローチをし、相手に気持ちを伝える行動とは?

相手に好意を持ってもらう行動で二人の仲は大分近いものになっていると思いますが、もしかしたら恋愛対象としてではなく友人として考えられている場合もあります。しっかりとあなたの気持ちを好きな人へ伝えていくことで、恋愛対象として、異性としてどうかを考えてもらえるようにしましょう。

デートや食事に誘う

二人で出かける機会を作ってみましょう。デート中には、いつもとは違う一面をアピールする機会に満ちています。また、自然に好きな人へあなたの良さをしっかりと伝えられる行動をしましょう。

補足:デート中に意識しておきたいことは?

車道側を歩く

並んで歩く際、車が多く通っている際は車道側を歩くようにしましょう。彼女を車の脅威から少しでも遠ざけてあげよう。

ゆっくり歩く

歩くスピードは人それぞれです。特に女性の場合は男性と比べ歩幅も狭いし、スカートやヒールなどの場合、より歩くスピードが遅くなることもあります。彼女に合わせてゆっくりと歩いてみましょう。

食事はゆっくりと

食事をする場合、彼女の食べるペースに少しだけ合わせてあげましょう。あなたが先に食事を終えてしまうと、彼女も「急がなきゃ」と思ってしまうかもしれません。できる限り同じくらいのタイミングで食べ終わるようにしよう。

適度にトイレに行く

初デートや関係が浅い時には特に、あなたからトイレに行くようにしましょう。人によってはトイレに行くことをためらったりする人もいますので、彼女が自然に何も気にせずトイレに行けるように、あなたからトイレ休憩を取ることが良いと思います。

送っていく

楽しいデートもお別れの時間になってきたら、彼女を送ってあげましょう。この際注意したいのは、家まで送ることが絶対ではないということです。中には、まだ家まで来てほしくないと思っていることもありますので、どこまで送るのかは注意が必要です。

無理に家までではなく、例えば彼女の家の最寄駅、ターミナル駅などでもOKです。お互いの関係性や彼女の気持ちを尊重した上で、場所は考えましょう。

初デートの時間に関して意識したいこと

初デートの時間は2~3時間程度、長くても半日程度を予定する

お互いに楽しい時間が過ごせれば、自然とデート時間も長くなりますので、最初に予定として考えておく時間は2〜3時間程度で考えておきましょう。

基本はお昼にデートをする

夜デートの場合は、リラックスした雰囲気で、相手にも不要な心配をさせないように配慮しましょう。

女性はそんなことしなくても大丈夫な場合がある!

男性に好意を持たせること、意識させることは、女性にとっては意外と簡単です。上にご紹介した具体的な方法をとる必要もないかもしれません。

どういうことかと言うと、男性は女性からの好意を知っただけで、その女性を異性として意識してしまう人が多いからです。女性の場合よりかなり単純に人を好きになってしまうのが男性です。女性からしたら「そんな簡単に?」と思ってしまうかもしれませんが、割と多くの男性は本当に簡単にそうなります。

もちろん、すべての男性がそういうわけではありませんが、友人を通して気になる男性へあなたの好意を伝えてもらったり、友人に協力してもらい、気になる男性へ遠回しに好意を知ってもらうようにするだけで、急速に関係性が縮まってしまう可能性もあります。

いよいよ思いを伝える告白!

告白のタイミングは無理にしたり焦ったりせず、自然なタイミングに任せてみて良いでしょう。何となく良い雰囲気になっていたり、いつもと違って恋愛トークの割合が多かったりと、今なら自然に告白しても良いかなと思えるタイミングがきっと訪れます。特にお互いに異性として意識し合っているなら、必ず告白のタイミングはやってきますので焦らないでくださいね。

勇気を出して

それまで異性としてアプローチを続けられたあなたなら、必ず告白出来ます。仲良しのままなら、もう恋活を終わらせていたはずです。それでも相手が好きで、アプローチを続けていたのですから、勇気を出してしっかりと想いを伝えましょう。

告白の方法は?

いざ告白するにしても、告白する方法は様々です。主に次のような4つが告白する方法です。

  1. メールやラインで告白
  2. 電話で告白
  3. 手紙で告白
  4. 直接対面してで告白

個人的にも、やっぱり直接対面して告白が最も良い方法かと思います。

メールやラインで告白/電話で告白/手紙で告白

一番楽ちんな方法かもしれません。自分のタイミングで送信できますし、自分自身だけのことを考えればいいわけですが、実際にはあまりおすすめできません。電話や対面と違い、相手が見えないため、どのような感じで受け止めているのかを把握できませんし、自然な流れがありません。急に愛の告白がメールやラインで届いたらどう思うでしょうか?

電話での告白は、相手の声や雰囲気を掴むことが出来るかもしれませんし、日常的な会話から徐々に告白に持って行くことも可能です。しかし、対面に比べると、相手の状況が分かりづらいですし、告白のための雰囲気を作ったり、相手に告白の雰囲気を感じてもらうことも難しいですね。

手紙の場合もメールやラインと同様ですね。しかし手紙の場合、気持ちはメールやラインよりはまだ相手に伝わり易いと思います。手紙を渡す方法にもよりますが、友人に託すのではなく、自分で手紙を渡しましょう。その際、なぜ手紙にしたかを伝えることで好感度もアップできるかもしれません。手紙を渡している時点で、相手も告白であることは分かっているはずですので、例えば、手紙を渡す際に、「落ち着いて気持ちを伝えられないから」と一言つけて渡すだけでも効果的です。

直接対面してで告白

やはり、告白するなら直接会って告白した方が良いと思います。雰囲気作りや告白する態度を見てもらうことも大切な要素です。告白の

仕方やその時に話し方によっても、相手があなたにより好意を持ってくれるかもしれませんし、告白の仕方やタイミングで成否も変わる可能性があります。特に男性が告白する場合、男らしく直接告白して欲しいと女性は思うものです。プロポーズだってそうですよね。女性にとって告白もプロポーズも大切なイベントに違いありません。男性の誠意や気持ちをしっかりと受け止めたいと女性は思っています。

告白はシンプルに分かりやすく

いざ告白ですが、シンプルに分かりやすく気持ちを伝えましょう。好きになった理由などをわざわざ伝える必要もあまりありません。しっかりと「好き」という気持ちを伝えてください。回りくどい言い方をしたり、告白が失敗したときのための保険を作るような言い方もやめておきましょう。

デートを重ねているのに告白してこない男性の心理

最後に告白をしてこない男性の心理を紹介しておきます。ここまで告白に関して記載してきました。しかし、中には好きなんだけど告白する勇気が出せない男性もいらっしゃいます。このような男性はただただ不安なだけです。男らしくないと思うかもしれませんが、女性からも少し男性が告白し易いように背中を押すような行動を取ってみても良いのではないかと思い紹介します。

デートを重ねかなり良い感じなのに告白しない男性の心理
  • あえて告白すること自体を疑問に感じている。
  • 告白すること無く付き合っていると認識してほしい
  • 今の関係を壊したくない
  • 失敗したくない
  • 責任の重さを感じている

男性が女性に告白できない心理はこの辺りでしょう。すべて男性にとって都合の良いような心理ですが分かってあげましょう。女性の方から、男性が告白し易いような判断材料やOKの確証を与えてあげても良いのではないかと思います。


いかがでしょうか。

好きな人と両思いになる方法として、絶対的な方法はご紹介できませんが、好きな人と両思いになるために必ず役に立つ方法をご紹介させていただきました。

好きな人と両思いになることがゴールではありません。そこは通過点です。両思いから二人の時間がスタートするのですから、これからも幸せな時間を二人で共有していただきたいものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*